レビトラ

ペニス増大ランキング

レビトラはバイアグラの強力なライバルとして誕生したED治療薬です。

ペニス増大TOP > ED治療薬 > レビトラ

レビトラとは

レビトラ

レビトラは、ドイツの製薬会社バイエル社が開発したED治療薬です。

レビトラが登場する以前は、バイアグラが市場を独占していましたが、レビトラはバイアグラよりも利便性がよく、現在ではバイアグラの強力なライバルとして多くの人に愛用されています。

日本では2004年に厚生省に認可され、国内2番目の公認ED治療薬として販売されています。

レビトラのペニス増大効果

レビトラの主成分は塩酸バルデナフィルです。塩酸バルデナフィルは、生体内において5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5)の作用を阻害します。

PDE-5は、海綿体を弛緩させ、ペニスに血液を送り込む作用を持つ環状グアノシン一リン酸 (cGMP)を分解する働きがあります。

塩酸バルデナフィルは、PDE-5の働きを食い止めることで、cGMPの作用を持続させ、ペニスに多くの血液が流れ込むようサポートします。

この作用により、ペニスが大きく膨張し、硬く、持続性のある勃起を実現することが可能となります。

バイアグラとレビトラの違い

PDE-5を阻害し、ペニスを増大させるという点ではバイアグラとレビトラに違いはありません。

しかし、バイアグラの場合、食事やアルコールの影響を受けやすく、食後にバイアグラを服用すると、効果が通常より薄れてしまうという欠点があります。

一方のレビトラは、食事などの影響を受けにくく、軽食であれば効果が薄れにくいという特長があります。

さらに、レビトラはバイアグラより即効性があることで知られ、バイアグラが服用後40分~1時間後に効果があらわれるのに対し、レビトラは早くて15~20分で勃起させることが可能となっています。

レビトラの副作用

塩酸バルデナフィルは医薬成分です。強力な効果を持つかわりに、他の医薬品同様、副作用のリスクはゼロではありません。

副作用の症状はバイアグラとほぼ同じで、頭痛や胃部不快感、めまいなどが主な症状となっています。

発症率および症状の度合いはいずれも低く、健康な成人男性が服用するぶんにはほとんど心配はないと言っていいでしょう。

ただし、低血圧や高血圧の人、心臓病の薬を常用している人などは、重篤な副作用を起こす可能性がありますので、服用を検討する際は必ず医師に相談するようにしましょう。

レビトラの口コミ

レビトラは、ドイツ発のED治療薬。バイアグラよりも即効性が高く日本でも認可されています。

 

(20代/男性) 

レビトラ10mgを食後約1時間判後に飲み、20分後にもう効いてきました。1回終了後、2回目のエッチでも効果は薄れませんでした。飲んだだけあって硬さの違いを実感。嫁も驚いていました。翌日も余韻が残って2回もやったのにもの足りない感じです。

 
 

(60代/男性) 

初めてED薬を使いました。割って半分飲むと、しばらくすると何もしなくてもビンビンに勃ってきます。多少ほてりや背中のだるさ等の副作用はありますが気にならない程度でした。

レビトラ ⇒レビトラの個人輸入代行店

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 2010 ペニス増大ランキング All Rights Reserved.